終戦を迎え、贅沢を言わなければ三度の食事も食べられる、
なんとか世の中が落ち着いてきたこの頃、
この番組JET STREAMもスタートです。

海外旅行も行けるようになり、
当時一番人気はハワイだったのでしょう。
しかし、大卒の初任給が3万円、ハワイ旅行は37万円、

学校の先生がこう言ったのをいまだに覚えています。
「みんな100万円あったら何に使う?」
「一年間で使い切るには毎日いくら使える?」
みんな100÷365=27400円だと答えると

「じゃあ100万円ではなく、100万ドルならいくら使える?」
みんな?????。先生は
「今1ドル=360円だから、100万ドルあれば、
毎日100万円ずつ使って約1年間使えるということだ。」

ドルと円の価値の違いを分かりやすく教えてくれた。
そんな時代の37万円のハワイは夢のまた夢!。

それでも好景気の波と、池田内閣の所得倍増計画で夢は膨らみ
現在では考えられない週休1日、残業手当ほとんど無し等、
厳しい条件であったが、やれば給料として還ってくることから
頑張れば、やれば報酬は出ると思い頑張った。

遅くまで仕事をし、食事をすませ、風呂を済ませた頃の時間に
この番組の放送があり、いい夢が見られ、翌日の活力が生まれた。

今はYouTubeで、あの頃を懐かしく思い出しながらひとときを過ごす。

ご一緒にいかがですか。